腸や体の健康のために乳酸菌が役立つ

腸や体の健康のために乳酸菌が役立つのはみんな理解しています。

しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果は期待薄ではという疑いを持つひともいます。

実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、ひいては体の健康増進に大変役立つのです。

屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。おならの臭気の原因は悪玉菌にあるとのことです。

というわけで、腸内の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ働きのある乳酸菌を摂り続けることによりおならの臭いを相当、減らせます。子供のインフルエンザを防ぐための注射に通院しました。

私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射をしています。予防接種が完了した後は怖かったーと表現していました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想定しましたが、あまり話せませんでした。

乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では共通していますが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢酸などの成分も、作り出す働きがあるのだそうです。だから、ノロウィルス対策に有効だとされているのですね。このごろでは、いろんな感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。

オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として関心を持たれています。

オリゴ糖を摂取した乳酸菌の働きが強くなり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内環境を良くしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能改善や健康増進には欠かしてはならない重要な成分であります。

便通で悩む事って生きていれば必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。

私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。

便秘に効く薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で改善しています。穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

実際、便秘になっても、薬があれば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食事を見直してみてください。

特に食物繊維を多く含む食品を摂るのは効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。夜中に高熱になって、40℃近くまで上がって体調が悪化したので、翌日通院しました。

インフルエンザの検査が実施できますよとおっしゃいました。

私も、もしかして、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、確認したいと願いました。昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)というツボです。へその下5cmくらいのふっけつというツボも良いと思います。

手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。

便秘のタイプそれぞれによっても、効くツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと改善できやすいでしょう。

ところで、乳酸菌と聞いて連想されるのはカルピスですよね。

幼いころから、毎日楽しんでいました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。そのわけで、私は便秘の経験がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても健康体になりました。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ探してみたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

これは常識なのですか?今まで30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。

毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はすこぶる健康になりました。毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取していくよう心がけています。

ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。

乳酸菌を摂ることにしてから、肌の調子も良くなってきて、ダイエットも出来ました。運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調も起こってきます。女性に多く見られる症状の一つは便秘なのです。他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが一番です。更に望めば、便秘を予防する意味でも、、週に1、2度はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。

一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品などをさしています。

ひどい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。

この状態を改善して、軟らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。この間、インフルエンザに罹患してしまってクリニックに受診しに行ってきました。

どのくらいの潜伏期間なのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。3日間にわたって高熱が続いて辛い思いをしました。高い熱が熱発するインフルエンザなので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特に副作用はありません。

ところが、たとえ身体に良くてもヨーグルトなどで過剰摂取してしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性がございます。消化吸収できる量にも限りというものがあるので、常識の範囲内を心がけておくと大丈夫でしょう。

アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも減少していて、お肌のみずみずしさやバリア機能が落ちています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、保湿剤を使用が必要なのです。

何日も大きい方が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口が臭くなります。

いくら食後のたびに歯磨きをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を経て不要なものを排出しようとし、口臭を引き起こすのです。

この時、便通が改善されると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。私がなぜ便秘になったかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

会社へは毎日車で通っているので、歩いたり、運動したりもあまりありません。

犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩にもなかなか行きません。そのような事情で、私は便秘なのだと考えています。

便秘改善のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。肌がキレイになると知って、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は乳製品からとるんだと勘違いしていました。

これはちょっと恥ずかしい思いがします。

Recommended Reading