わたしの母は重度のアトピー患者です。遺伝してし

わたしの母は重度のアトピー患者です。遺伝してしまったみたいで、私もアトピー症状が出始めました。いつも肌がカサカサになって、日々の保湿が欠かせません。

スキンケアをしっかりしないと、何もままならないです。母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、恐ろしくなります。

アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも減っていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が低くくなっています。

ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。それ故に、お肌を守って、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要なのです。乳酸菌と耳にして連想されるのはカルピスですよね。

幼いころから、日々飲んでいました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

なので、私は便秘知らずです。きっと、カルピスを飲み続けていたので大変健康になりました。この前、インフルエンザになって病院を受診しました。どれくらい潜伏期間があるのか判然としませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になってうつってしまったのだと思います。

高い熱が3日続いていて辛い3日間でした。

高い熱が熱発するインフルエンザなので、通常の風邪より辛いですね。私は花粉症になってしまってから、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。

二年前より花粉症となってしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。でも薬を利用するのは避けたかったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌ドリンクを試用しました。今のところは、これにより花粉症の症状が軽くなっています。

運動不足は筋肉の衰退に限らず、体調不良も引き起こします。

中でも女性に多く症状が見られるのは便秘状態です。

これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。

できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2度はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。

アトピー性皮膚炎は非常にきびしい症状になります。

暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの我慢比べになります。

夏場は汗をかくのでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザ感染し、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまう場合もございます。

私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

小さい頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、たえず私のお腹を守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分として目を止める存在となっています。

オリゴ糖を摂取した乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも内臓の働き向上や健康には欠かしてはならない重要な成分です。

乳酸菌を食べたり飲んだりすると様々な良い結果がもたらされます。

まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。その結果として、免疫の力がアップし、たくさん健康に対する効果を得られます。

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、感染症を予防する働きかけがあります。乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いとされています。

一般的な乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌について調べてみました。

調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。このことを知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、「虐待でもされてる?」と心配される程、悲惨な見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、効果が全くなかったのに、住居を変えたところ、直ちに肌がきれいになり、痒みもなくなりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、決まったものがありません。

商品パッケージには適量と回数が、明示されているわけですから、一気に1日分を摂る場合より、吸収を高めるという点で効果が期待できます。ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに天枢(てんすう)が有名です。

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。

色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボは違うので、自分に合ったツボを押すことで改善に効果的でしょう。

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったところのことでした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、一向に具合が良くなってくれません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

乳酸菌の選択の仕方としては、まず、乳酸菌を含む商品を試してみると良いでしょう。

近頃は、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、乳酸菌サプリも販売されています。おすすめの腸まで届く効き目の乳酸菌飲料を初めて口にした時、次の日、トイレから出られないぐらいの状態なったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。娘のインフルエンザの予防注射に通院しました。

私は怖くて目をつぶるのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

注射が終了した後は怖い!と伝えていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と睨みましたが、あまり話せませんでした。乳児がインフルエンザになったら、重大なことになりかねません。まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないこともあり得るでしょう。

ですから、インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が利口かもしれません。今、便秘を解消するのに効果的なものは、乳酸菌が入ったサプリです。おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人もたくさんいます。

しかも、毎日乳酸菌が含まれている食べ物を食べ続けるのは大変です。

それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することができますので、便秘にいいといわれています。

Recommended Reading