元々、便秘に悩んでいたのですが、少しずつ治ってきていま

元々、便秘に悩んでいたのですが、少しずつ治ってきています。便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、実践してみようとヨーグルトを買いまくって、とにかく食べることにしました。毎日食べているうちに、おなかの調子がよくなってきて、便秘をすることがなくなりました。夜更けに高熱が出て、40℃前後まで上がって調子が悪かったので、次の日に病院に行きました。先生はインフルエンザかどうか調べられますよと確認なさいました。私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、検診したいと希望しました。いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌を含有した食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。これは世間での常識ですか?30年余り生きて来て、初めて知った事実です。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって病院を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのか明確ではないのですが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。

高熱が3日間も続いて苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、高熱が出た後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまうこともございます。近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。

年々予防注射で予防する人も増えてきているようですが、都市部では相当の数の人が発症しています。感染経路は多種多様だと思いますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する時に感染をしているのだと思います。ところで、乳酸菌と聞いて思いつくのはカルピスと言えるでしょう。子供のころから、毎日飲用していました。どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。母親が毎朝、私に飲ませてくれました。なので、私は便秘知らずです。

カルピスのおかげで元気な身体になりました。インフルエンザにかからないための注射に通院しました。

私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射を接種しています。注射が終了した後は怖い!と伝えていました。

見ているからさらに怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も語れませんでした。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。

どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。来る日も朝食べています。食しているうちに、便秘がましになってきました。

あんなにも頑固で、大変だった便秘が完治できて、便秘薬を飲むことも終えました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、痛ましい見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、全く効果が得られなかったのに、住む場所を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みも消えました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。一昨年から花粉症を発症してしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

治療薬を使うのは避けたいことだったので、テレビで取り上げていた乳酸菌飲料を試用してみました。

今のところは、これで花粉症はだいぶましになってます。うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が発生します。

どれだけ食事のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを出そうとし、口臭の原因になるのです。

そうなると、お通じがよくなると、口の臭いも同時に改善されると言われています。最近の研究成果でインフルエンザの予防のためには乳酸菌は効果が高いということがはっきりとわかってきました。インフルエンザの症状をワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。

乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽減する効果が高まります。。身体に乳酸菌が良いことはわりと知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。

この説も事実かもしれません。

それは、それぞれ個人差がありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、即効性が期待できる治療薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから考えてください。

娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったところのことでした。膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、赤みのぶり返しはやまず、一向に具合が良くなってくれません。

結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特に副作用を心配する必要はありません。ただそうは言いますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリー過多になる可能性があるのです。

体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、そう考えても、常識的な量を守っておくと安心でしょう。実際、便秘になっても、薬によって簡単に、解消できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。

実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂ることが効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。ここのところ、乳酸菌がアトピー改善に効果があることが判明してきました。引き起こすものはいろいろありますが、感じるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。

また、アトピー患者の多数は腸の状態がよくないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが完治するための方法となるわkです。

乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢酸などの成分も、作る能力があるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に有効だとされているのですね。

このごろでは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。

便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌が入ったサプリです。腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も多数います。

連日乳酸菌を含む食品を食べるのはたやすくありません、それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと吸収することができますので、便秘解消につながります、

Recommended Reading