この前、インフルエンザになってクリニックに受診

この前、インフルエンザになってクリニックに受診しに行ってきました。

潜伏期間はどのくらいなのかはっきりしませんが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染したのだろうなと考えられます。

高熱が3日間も続いて苦しい思いをしました。高熱が出続けるインフルエンザは、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなりひどい見た目でした。いろんな治療法を片っ端からやってみても、全く効果が得られなかったのに、別の場所に引っ越したところ、直ちに肌がきれいになり、酷い痒みもおさまりました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善がされる可能性があります。アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという名の抗体が発生します。

そして、発生したこのIgEがあまりに多く作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こってしまうのです。これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。

ここのところ、乳酸菌がアトピーに効くことが判明してきました。ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、毎日のストレスや偏食などによって原因となることもあります。多くのアトピー患者は腸の状態が整っていないため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることがアトピーを治す第一歩となります。アトピーの改善方法には食べるものも重要です。

アトピーに効果的な食事にすることで健康的な肌へ変わっていくことができると言われています。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を良くする成分としてヨーグルトならびに大豆食品などを毎日一定量摂取するとアトピーの改善に効き目があります。オリゴ糖は乳酸菌を増やす役割として注目の存在となっています。

オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きが強くなり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内の状態を整えてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも内臓の働き向上や健康には非常に重要な成分であるといえます。

インフルエンザに感染したことが判明すると学校などへの出席が5日間禁止になります。インフルエンザに感染した際でも、発熱の症状は2、3日で治まりますので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。

ですから、出席停止の期間は家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも腸を整える効果が高いといわれています。腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発になり体の中で蓄積した便が出されやすくなります。

その為、便秘や下痢が緩和されます。

日々、乳酸菌を取り入れることで腸を整える効果が強まります。

アトピー性皮膚炎は非常に我慢できない症状になります。

暑い寒いに関わらず一年中痒みとの根くらべになります。

夏場の汗はかゆみを増大し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。

その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、誤って食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸困難になる恐れもあります。

インフルエンザを患ってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。お薬ももちろん大事ですが、栄養補給も大切です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、消化しやすく栄養があるものをできる限り摂ってください。

元々、便秘に悩んでいたのですが、少しずつ治ってきています。

効果があった対策は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買って実践してみたのです。

毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。

よくある乳製品以外でも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。

これは世間での常識ですか?30年余り生きて来て、生まれて初めて知った事実です。

一般的に便秘に効く食物は、乳酸菌が含まれた、発酵食物などであります。

苦しい便秘の方は、うんちが固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。

この状態を改善して、お通じを出やすく柔らかくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは周知の事実です。でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。

しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、身体の健康づくりに大変役立つのです。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、重大なことになりかねません。まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、インフルエンザで亡くなることも無きにしも非ずでしょう。インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が正しいかもしれません。乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はきわめて健康的になることができました。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べています。ヨーグルトは様々に味を工夫して楽しめますし、便秘知らずでいることができます。

乳酸菌を取り入れるようになってから、お肌の調子がすごく良くなって、体重も落ちました。

乳酸菌を体内にに入れると色んな効用があります。まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。

その結果として、免疫の力がアップし、多くの健康効果を実感することが出来ます。

他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いと言えます。

アトピーに大変よい化粧水を使い続けています。

友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、とても気にしていた私のアトピーを見違えるほどきれいに消してくれたのです。毎朝鏡を見るのが、嬉しくなりました。

顔を触る度にスベスベ素肌になったことを感じています。

夜中に高熱になって、40℃前後まで上がって体調が悪化したので、翌日通院しました。インフルエンザの検査が実施できますよとおっしゃいました。私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと感じました。

通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも減っていて、肌の水分を保つ力やバリア機能が少なくなっています。

これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保水保湿が大変大事です。

そのために、お肌の表面を守って、保湿剤を使用が必要なのです。

Recommended Reading