最近、インフルエンザに罹らないように

最近、インフルエンザに罹らないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。およそ1年前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組を見たことがあります。うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。

特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効果があるそうです。私はアトピーに最適な化粧水を使用し続けています。

友人からすすめられた化粧水は、私の悪化したアトピーを思いのほかキレイに治癒してくれたのです。毎日鏡を覗くのが、楽しみで仕方なくなりました。触る度にお肌がスベスベしていることを実感しています。

おなかの環境を正しく整えると美肌効果があると聞いて、実は、ヨーグルトと同じくらいにお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。

乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

これではちょっと恥ずかしい思いがします。

この間、アトピーに効果があると言われている入浴剤をサンプルで頂きました。

ほとんどのものがそうですが、試しに利用してみないと効果が分からないものです。

その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、自分に合う感じでした。

しびれるような感じもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、水分をよく保ちます。

少し前に、インフルエンザになってしまって内科を受診しました。どれくらい潜伏期間があるのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのだろうと思われます。

高い熱が3日続いていて大変な思いをしました。

インフルエンザは高い熱が続くので、通常の風邪より辛いですね。

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌を含有した食品があると知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。いろいろ探してみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。これって知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。

特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、ヨーグルト・乳酸菌飲料などは口にしたくないという人もたくさんいます。

しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を食べるのはたやすくありません、乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかりとることが可能ですから、便秘の解消に役立ちます。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、酢などという菌に強い成分も作り出す働きがあるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いとしているのですね。最近では、いろんな感染症についての話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が実体験したのは、多くの量を食べないと、あまり効かない感じがします。

日ごとに1パックぐらい食べて、ようやく便通があるという感じです。ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく摂取するとよいでしょう。

大便が出なくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭の原因となります。どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を経て不要なものを出そうとし、口臭の原因になるのです。

この場合、便がでるようになると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。乳酸菌が身体や腸のために良いというのはみんな理解しています。

ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効き目が出ないのではという疑いを持つひともいます。でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、ひいては体の健康増進に大変効果的です。

事実、アトピーで出る症状は大変にキツイ症状になります。

季節関係なしに1年中かゆみとの闘いになります。

夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。

また、アレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸困難になる恐れもあります。

昔から、乳酸菌が身体に優しいのは事実でよく知られていますが、逆に効き目がないという説もあるんですね。

この説も、本当かもしれません。

その理由は、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うものかどうか試してから考えてください。

便秘にいい食物を毎日食しています。

それはバナナと発酵乳の1種です。毎朝食しています。

頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。

ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも終えました。現在ではポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。

私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。

昔からあったサプリメントであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなります。

もし、インフルエンザと診断されたら、まずは栄養だけでもしっかりと摂らなければなりません。

薬も大切ですが、栄養補給も大事です。

早急にインフルエンザを治すためにも、水分と栄養は摂取しましょう。例え丸一日、食欲がなかったとしても、胃に優しくて栄養満点なものをできる限り食べてください。息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳を迎えた頃です。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、ぜんぜん良くなりません。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、最も大変なことに至ります。まだ体力が未熟な赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも無きにしも非ずでしょう。

インフルエンザが蔓延している時には、連れて出ない方が打倒かもしれません。乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも腸を整える効果が高いといわれています。腸の中の善玉菌を増殖させることで腸の中が活発になり体内に停滞していた便が出されやすくなります。

ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。

乳酸菌を常に飲むことで整腸効果が高くなると考えられています。

ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)であります。また、おへその下5cm程度のところにあるふっけつというツボも良いと思います。手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

便秘のパターンによっても、効果的なツボは違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。

Recommended Reading